急患・初診随時受付健康保険取扱 sitemap.pngsitemap.png
最新情報
HOME > 最新情報
2015-08-07

最近、肩こりがひどくてマッサージを受けたらマッサージ師の先生から「肩こりは歯の噛み合わせにも原因がある」と教えてもらいました。

 

確かに子供の時から歯の上下の噛み合わせは良くないとは思っていましたけど結局ずるずると大人になっていた私・・・。思い出せば、小学生の同級生で矯正をしている子いたなあ。あの頃は大変そうだから、絶対に自分はやりたくないと思ったものだけど、あの子は今となっては勝ち組ね・・・。

 

歯医者さんの先生に、矯正について聞いてみました。

 

歯並びが悪いと、歯が重なって生えていたり、上下のかみ合わせが逆になっていたりすることで審美性に影響を与えるだけでなく、歯周病・虫歯のリスクが高くなるのですって?!

 

しかも、顎関節にも負担がかかるし、かみ合わせの問題できちんと咀嚼されないので胃や内臓への影響も危惧されているらしく・・・。

 

歯並びが悪い、噛み合わせが悪いことで、こんなに健康的なリスクが出て来るとは・・・。そうと分かっていれば、もっと早くにやっていたわよ!『矯正』と聞くと見た目のことしか考えていなかった自分が嫌になった今日この頃です。

 

私も矯正治療、考えてみようかしら。矯正治療には色々な方法があるようなので、また調べてご報告します!!

2015-08-03

前回に続いて矯正のいろいろ。

 

今日は、マウスピース矯正についてです(^▽^)

 

従来、日本で行われるマウスピース矯正は、症状の軽い歯並びを整える際に使用したり、ワイヤー矯正である程度整えてから仕上げに使用するケースが多いそうです。しかし昨今、マウスピース矯正の開発が進み&技術が飛躍的に進歩しているので、どんどん利用されるケースが増えているらしいです!

 

マウスピース矯正の良い点についてまとめてみました。

・装置の見た目が気にならない

・取り外しできて歯のお手入れが簡単なので虫歯や歯周病のリスクが軽減

・ワイヤーによる従来法よりも痛みが軽減

・抜歯を行う症例でも対応が可能

 

注意すべき点としては、

・装着時間を守らないと治療が進まない

・歯科医師によって技術の差が大きい

 

マウスピース矯正の利点は、取り外しがしやすいのと痛みのワイヤーに比べて軽いことが体験者のお声として多いようです。これらのお声も個人差はあるので一概に決めかねますが、未経験者である私個人としてはワイヤーよりもマウスピースの方がトライしやすい印象はあります。これからマウスピース矯正の利用範囲は広がっていくという記事もありました。楽で、費用が安くて、多くの患者さんの適正に合った矯正方法が、もっともっと開発されていくのであれば、とっても有難いことですね!

 

大人からでも出来る矯正のいろいろ。これからも調べてみよ~っと!!